足もみコンシェルジュとは「お客様と健康をつなぐ案内人」

足もみコンシェルジュ  >  ◎ハイヒールと女性の健康◎

◎ハイヒールと女性の健康◎
こんにちは、足もみコンシェルジュです!
本日は女性のおしゃれのアイテムのひとつ、『ハイヒール』についてのお話です。

足を長く見せたり、よりお洒落になる為にハイヒール、履かれる方は多いと思います。
高さによって足の見え方が違ったり、服装と合わせることで違った印象を出せたりと
とても良いアイテムですよね。

ただ、ハイヒールというのはその名の通りヒールが高いので、長距離を歩いたりするのに
向いてはいません。時折、ハイヒールを履いている方で帰路なのでしょうが、疲労がたたり
膝を曲げて、腰を落として、前傾姿勢になってしまっていながら歩いている女性を見かけます。

ご本人に自覚があるかないかは分かりかねますがすが、あの姿はとてもつらそうで『そこまで
してハイヒールを履かなければいけないのか?』という思いも時たま過ります。

逆に、日常茶飯事で履くレベルでハイヒールに慣れ過ぎてしまった人はあるとき必要に迫られ
スニーカーをはじめヒールのない靴をはいた時、どうやってあるいていいかわからなくなっていた…
という話を聞いたことがあります。
これは、普段ヒール無しでなしで歩く状態では体重は足の前に1、後ろに2という配分でかかっています
がヒールを履くとこれが反転し、前に2、後ろに1という力のかかり具合になってしまいます。
もともと、足の作りというのはヒールを履く前提としては作られていないので、当然ハイヒール
を長時間履いているとつま先(前)の痛みなど不調が出てくるのです。

つま先の痛みをはじめとし、体重をつま先で支えるようになることから摩擦が起こりやすくなり、
靴擦れやウオノメ、角質が生じ、また外反母趾や中足骨痛症(足の変形による痛み)の原因とも
なりえます。

また、ハイヒールは不妊や生理痛の原因になりえるとの諸説も存在します。
というのも、ハイヒールというのはつま先の尖った靴が多いです。その尖った中で指先が圧迫され、
ハイヒールの仕様により体重がつま先にかかり足は酸欠状態、うまく血液が回らず冷え性の
原因となります。冷え性は不妊・生理痛の原因の一つともなりえます。

更につま先に体重がかかり、徐々に疲労が見えてくると気づかぬうちに前傾姿勢となっていきます。
いわゆる猫背、という状態です。この状態になり、更に歩行をするとなるとその体重の圧迫により
下腹部の子宮が圧迫されます。そして血液の流れが遮られ、子宮に血液がいきわたることなく子宮に
冷えが生じ生理痛、更にひどい場合は子宮筋腫の大きな要因となりえるのです。

上記であげた症状を治す為に足もみ、という対策を当社も掲げておりますがその前にその症状に
ならない為の予防を行うことも大切ですね♪

ですが、やむおえずハイヒールを履かざるえない時もあるとは思います。
何しろ、男性がネクタイをしなければいけないのを常識とされるように女性はヒールがある靴でなければ
いけないという不条理な職場も現代ではごまんとあります。

なので、ハイヒールを使用する際は以下の事を念頭に気を付けて頂ければと思います。

①なるべく踵が水平で幅が広く、安定性のあるものを選ぶ。ピンヒールなどはできるだけ避ける。
②必要とされる場所のみの私用で、そこに行くまではヒールのないフラットな靴などを履くなど
必要に応じて使い分けるようにする。
③ハイヒールは本来長距離を歩く様には作られていないため、なるべく徒歩ではなく車や電車を使用する。
④走らない。また、歩くときはつま先に負担がかからないように、かかとに重心を置き、小股で歩く。

以上です。
もし、上記の事がどうしても難しい場合はせめてハイヒールを脱いだ後、固まった足の指間を広げ、
指間を筆頭にふくらはぎや踵、足の甲などをまんべんなくマッサージしてあげてください。

お洒落も大事ですが、身近に改善ができる事があれば少しずつでも改善していって頂けたらと思います。
以上足もみコンシェルジュでした♪

投稿日:2016/05/24 05:05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です